カチドキ(KACHIDOKI)はパチスロ4号機が楽しめるオンラインカジノ。
オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノを始めるにあたって心配事は?

 日本において、パチンコパチスロの人気に陰りが見えてきて、多くにスロッターたちがオンラインカジノに流れてきていることは、周りのスロッターたちやネットなどの情報で周知の事実となっていますよね。
 でも、もう一つオンラインスロットやオンラインカジノに踏み切ることができないのは「オンラインカジノは日本では違法ではないの?」ということですよね。

 もちろんこれから、法的なことについて当サイトが調べた、「オンラインスロット・オンラインカジノ」の違法性についてはあくまで当サイトの見解ですので詳しくは、ご自分で調べていただいて、あなた自身が判断していただければと思います。

オンラインパチスロ・カジノの日本国内法(刑法)における考察

 ギャンブルの違法性を規定しているのは、まずは運営する「運営会社」が賭博開帳図利罪(第186条2項)の条文の適用になるかどうかについてみていきますね。

海外で外国人が運営している場合について

カジ男
[インターネットカジノ運営会社 ] 

代表取締役外国人 株主100%外国人

①カジノライセンス保有
②海外サーバー
③海外銀行口座
④海外決済代行会社との契約
  の場合について教えてよカジ子!

カジ子
<サイト運営者>・・・外国人が日本国「」で運営する場合

絶対合法となり賭博開帳図利罪不成立となるね。実際にどんなカジノがあるのかというと、

例)ベラジョンカジノ / KACHIDOKI など安心安全のオンラインカジノがあります。 

カジ子
<サイト運営者>・・・外国人が日本国「」で運営する場合

違法となり賭博開帳図利罪成立するよ!  
だからよくオンラインカジノの運営場所、運営者を確認しましょうね!

カジ男
では、当サイトで紹介している「カチドキカジノ(KACHIDOKI)」などは基本的には法的にはクリアしているってことだね。

海外で日本人が運営している場合について

カジ男
[インターネットカジノ運営会社 ] 
ではつぎは、 
代表取締役日本人 株主100%日本人  
①カジノライセンス保有
②海外サーバー
③海外銀行口座
④海外決済代行会社との契約
  の場合について教えてよ!カジ子。

カジ子
<サイト運営者>・・・日本人が日本国「」で運営する場合

合法となり賭博開帳図利罪不成立となるね。 
実際に現在日本人が海外で運営しているオンラインカジノは知らないなーーー。

カジ子
<サイト運営者>・・・日本人が日本国「」で運営する場合

違法となり賭博開帳図利罪成立するよ! だからよくオンラインカジノの運営場所、運営者を確認しましょうね! 
実際に過去、「ドリームカジノ」「FC2」などの例があったよね。要は、日本国内でのオンラインカジノを運営しているようなサイトは絶対に違法です!

オンラインカジノの違法性についてまとめてみると

 合法と言えるのは次の場合だけです。とにかく「外国人」であろうが「日本人」だろうが、日本国内においてオンラインカジノを「運営」、それに付随する海外決済などを行う場合はすべて違法となり問題外となります。

オンラインカジノが合法となるのは

 海外において①~⑦を満たすオンラインカジノであればとりあえずは「安心してプレイ」することができると言えます。
ただし、どこでもいいわけではなく、当サイトや日本のオンラインカジノ紹介サイトなどで確認しておきましょう。

< 日本国外(海外)>
①カジノライセンス保有
②海外サーバー
③日本国「外」運営(オペレーション)
④海外銀行口座
⑤海外決済代行会社との契約
⑥サイト運営会社の代表取締役は外国人 
株式保有が100%外国人 
ex, ベラジョンカジノ/ウィリアムヒル等

 

< 日本国外(海外)>
①カジノライセンス保有
②海外サーバー
③日本国「外」運営(オペレーション)
④海外銀行口座
⑤海外決済代行会社との契約
⑥サイト運営会社の代表取締役は日本人 
株式保有が100%日本人
おすすめの記事